【ブロックチェーン】ICOって何?初心者向けに分かりやすく解説!

f:id:kuranan8:20180625230855p:plain

どうもデリ男(@yutakandori)です!

 

先日、ギークハウス岡山で「一夜限りの仮想通貨Bar〜今さら聞けないブロックチェーン技術〜」を開催しました!

 

www.yutakandori.com

 

この中では述べなかったんですが、質問タイムのときによく聞かれたのが

 

すみません、ICOって何ですか? 

 

これです!めっちゃ多かった!

 

そうか、そもそもICOってあんまり認知されていないのか... 

 

これは仮想通貨/ブロックチェーン初心者にやさしいブログ運営者として、わかりやすく説明しておかなければならないでしょう。

 

今回は、仮想通貨/ブロックチェーン を語る上で欠かせない【ICO】についてわかりやすく解説していきたいと思います!

 

ICOとは? 

そもそもICOとは何か、まずは言葉の定義から説明します。

 

ICOとは、

  • Initial(イニシャル):最初の・初期の
  • Coin(コイン):通貨・コイン
  • Offering(オファリング):募集・売り出し 

の略で、日本語では「新規仮想通貨公開」とややこしい名前が付けられています。

 

要は、「新規の仮想通貨を発行して事業を立ち上げる際の資金を集める」という仕組みです。

 

f:id:kuranan8:20180625215424p:plain

厳密にはトークンと株は違うんですけど、ここでは理解しやすくするために株券で例えています。

 

ICOに対して仮想通貨で出資した人は、出資した証としてトークン(株券のようなもの)をもらえます!

 

このトークンは独自の仮想通貨としてブロックチェーン上に記帳され、ICOする側のサービス・プロダクトが完成した際に使用することもできます。

 

簡単に言えば、電子証券みたいなものですね。

 

また、投機目的でICOに参加する人のインセンティブとしては、取引所に上場したあとの取引額がICO時点よりも上がっていれば、それが利益になります。

 

どうしてICOするの?

ICOすると、投資する側とICOする側の双方にメリットがあります。

 

まずICOする側は、

  • 集めた資金を返済する必要がない
  • 株の上場とは違い、資金調達する際の面倒な手続き・仲介業者がいらない
  • ネット上で国境関係なく資金調達できる

という大きなメリットがあります。

 

これは現時点でICOが証券取引法などの規制を受けていないから出来ていることなので、良いところでもあり課題でもあります。

 

悪くいえば、規制が全くないが故に、全くサービス・プロジェクトの中身がない「スキャムコイン(詐欺コイン)」みたいなものを発行して、資金調達することもできるわけです。

 

www.yutakandori.com

 

今のうちに買えば儲かるよ!みたいに、悪意ある人に騙されて投資する日本人は意外と多いので、ICOに投資する際は相応のリテラシーが求められますね。

 

www.yutakandori.com

 

次に、出資する側は、

  • ICOする側が発行したトークンを通貨として利用できる
  • サービス・プロダクトが成功すると大きな売却益が見込まれる
  • 株主優待みたいな特典が受けられるものもある

というメリットがあります。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方」に書かれていることですが、大きく分けてトークンの役割は 3つあると言われていて、

  • 通貨型トークン
  • 配当型トークン
  • 会員権型トークン

の3つです。 

 

1、通貨型トークン:何かの支払いに使える決済手段としてのトークンです。

日本円やドルなどと一緒で通貨とほぼ同じ役割です。

そのサービス内で使えるトークンを発行し、そのユーザー間の支払いにもこのトークンを利用してもらえるようにします。

このトークンを持っている人の周辺に経済圏ができ、サービスの成功とユーザーの利害が一致します。

楽天ポイントやTポイントが想像しやすいです。

 

2、配当型トークン特定のサービスや機能で上がった収益の一部をトークン所有者に分配していくようなトークンも多いです。

ただこれは既存の株式や金融商品と近く、金融商品取引法上の規制が適用されることが増えてくるでしょう。

配当型のトークンは明確なリターンが存在していてわかりやすい一方で、詐欺やトラブルも多発しており、各国の金融監督部門は規制を強めています。

 

3、会員権型トークン:トークンを保有している人が特別な割引や優遇を受けられる、会員権型のトークンも増えています。

そのトークンを所有している間は特別な優遇を受けることができる点が通貨型トークンとは異なります。

こういった仕組みはアイドルのファンクラブやレストランの優遇割引、株主向け優遇、サービスのゴールド会員などです。

 

出典:「お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

 

\お金2.0については以下の記事がオススメです!/

www.yutakandori.com

 

このように、投機的なメリット以外にも、トークンを保有しておくメリットは出資側からしても大きいので、しっかりしたサービス・プロジェクトのあるICOなら投資するのは賢い選択ですね。

 

ただ、先ほどから言っている通りICOの良し悪しの分別は相応のリテラシーが求められるため、安易に手を出すのはオススメしません!

 

最後に

ICOについて、なんとなく理解していただけたでしょうか?

 

なるべく専門用語を使わずに解説したので、初心者の方でも分かっていただけたんじゃないかと思います。

 

仮想通貨/ブロックチェーンの用語は専門用語が多く取っつきづらいですが、噛みほぐせば概念としては理解しやすいです!

 

www.yutakandori.com

 

ICOについてはこれから規制されたり、いろいろ改善されていくでしょうが、資金調達法としては画期的な仕組みだと思います。

 

これも全て、インターネット・ブロックチェーンから始まった仕組みだと考えると、テクノロジーって尊いですよね。

 

ICOに限らず仮想通貨/ブロックチェーンの仕組みや考え方は本当に素晴らしいので、興味を持った方は「ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか」を読んでみることをオススメします!

 

初心者でも分かりやすいように解説されていて、僕も大学生のときに読んで感動しました。

 

www.yutakandori.com

 

それが今の生き方・価値観にも繋がっているので、皆さんもぜひ読んで感動を味わってみてください!