【仮想通貨】仮想通貨がETFとして取り扱われるとどうなるのか?

f:id:kuranan8:20180201100347p:plain

最近、仮想通貨界隈でもETFについて話題になっていますね。

少し前には、ビットコインがETFに上場するんじゃないかと噂になっていました。

 

そもそもETFとは何なのでしょうか?

また、ETFに上場すると価格が上がるのか気になる人もいるでしょう。

今回は、それらについて簡潔に述べていこうと思います。

 

ETFとは?

ETFは、 Exchange Traded Fund の略称で、日本語では「上場投資信託」なんて呼ばれたりもします。

まあ要は、「証券取引所に上場している投資信託」ということです。

 

ただ、広義では投資信託ですが、株のように売買できる金融商品の方が正確かも。

例えば、日経平均と連動するETFとか、石油価格に連動するETFみたいなものも存在します。

つまり、株で言うと特定の企業について詳しくなくても投資することが可能なのが良いところです。

日経平均や石油価格は、それ単体の情報を新聞などで簡単に得ることができるので、初心者にとっては手をつけやすいのです。

企業の株だと、どうしても情報量が多すぎて、どの企業の株を買えば良いのか判断するのが難しいと。

 

また、少額投資、分散投資ができるのもETFの利点の一つです。

会社によっては、1つの銘柄を最小単位で買おうと思っても100万円以上必要なものもあります。

ビットコインで言うと、現在1BTC=190万円くらいなので、0.5BTCからしか取引ができないといったイメージです。

 

しかし、様々な銘柄に資金を分散させてリスクヘッジしようと思っても、最小単位が高すぎては分散投資できなくなってしまいますよね。

これがETFだと、2,3万円ぐらいから投資できるものも存在するので、分散投資に非常に向いているのです。

 

ビットコインがETFとなると?

ここまで個人投資家の目線で話を進めてきましたが、ビットコインがETFになると機関投資家も参入するようになります。

これによって、大きな値動きが起こるのではないかと囁かれています。

 

しかし、なぜ機関投資家が今まで仮想通貨に投資していなかったのでしょう?

それは、機関投資家は顧客の利益を最優先することが義務だからです。

機関投資家に対して資金を提供している人や、その顧客が利益を最大限にあげることが最重要事項。

なので、どこの誰が作っていて管理しているのか分からない仮想通貨に対しては消極的だったのです。

また、伝統的な巨大取引所で仮想通貨が取り扱われていなかったことも、一つの原因と考えられます。

 

ビットコインがETFとして取り扱われることで、日経平均価格や石油価格と同じように価格が連動した金融商品として伝統的取引所でも取り扱われるようになりますよね。

このように、新しい形で金融商品として大手取引所で取り扱われることで、仮想通貨全体に対しても認識・価値が高まるのです。

実際ビットコインが先物上場すると報じられた際は、80万円まで上がり、当時の最高値を更新しました。

ビットコインに続いてイーサリアムやリップルなどもETFとなれば、まだまだ新規参入が増えて価格はATH(All Time High)状態となっていくでしょう。

 

まとめ

価格のボラティリティが大きいことは、決済手段として適していないので個人的には価格が安定することが最重要だと思います。

しかし、これから新規参入者が増え、仮想通貨に対する認知や価値が高まっていくことはとても喜ばしいことです。

日本では法律面もあまり整っていませんが、テクノロジー先行で時代を変えていくのが現代では主流だと考えているので、あまり不安視はしていません。

 

これからどんどんテクノロジーは進化していき、あっという間に私たちの生活に溶け込んでいくようになります。

インターネットも、今では無くてはならないインフラとして機能していますよね?

これから世界はどうなるのか、自分たちの暮らしはどうなるのか。

これらを語るためには、まずは今世界で何が起きているのかを知り、歴史と照らし合わせながら考えてみると良いでしょう。

 

そのためにも、まずは仮想通貨に乗り遅れないように勉強することをオススメします。

取引所を開設するだけなら無料でできますので、価格の値動きとか見ながら勉強してみると良いかもしれません。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で